▼  沿 革

昭和10年
同年10月 初代社長 鈴鹿房之助が創立し、電気用品等の加工を営む。
昭和19年
同年3月 戦災を受けたるも、終戦直後、直ちに復旧し、主として、光学機器関係の精密部品、電気部品の加工を営む。
昭和27年
同年4月 会社組織を株式会社に改める。
昭和30年
片岡電機株式会社(現アルプス電気株式会社)と取引契約を締結し、テレビ用チューナー、ボリューム等の加工を行う。
昭和44年
株式会社東芝と取引契約を締結し、半導体用関連部品、テレビ用チューナー部品等の加工を行う。
昭和52年
日本特殊陶業株式会社圧電事業部と取引契約を締結し、セラミック関連部品の加工を行う。
昭和55年
アルプス電気株式会社角田事業部と取引契約を締結し、テレビ用チューナー、カセット関連部品の加工を行う。
昭和58年
新光電気工業株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
自社製小型カメラの製造、販売を行う。
社製小型カメラ
昭和60年
岩手東芝エレクトロニクス株式会社、京セラ株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
昭和61年
高速プレス機40tを導入し、リードフレームの加工を行う。
平成元年
高速プレス機60tを導入し、リードフレームの増産体制を作る。
平成 4年
福岡東芝エレクトロニクス株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
平成 6年
豊前東芝エレクトロニクス株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
平成 6年
同年7月 鈴鹿康弘 代表取締役就任。
平成 7年
CCD用プラスチックパッケージを開発し、加工、販売を行う。
平成10年
エッチングによる144pinリードフレームの開発。
平成11年
サンケン電気株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
光通信関係部品の開発、生産、販売を行う。
平成18年
ISO9001:2000取得。
新電元工業株式会社と取引契約を締結し、半導体用関連部品の加工を行う。
平成21年
ISO9001:2008取得。
ISO9001